ケールの青汁【レモンの青汁】

ケールの青汁【レモンの青汁】

レモンの青汁の紹介です。この青汁はケールを配合した青汁の中でもかなり飲みやすいと好評です。それは、レモンが生きているからです。
他の青汁からのシフト組も多いことが特徴として挙げられています。それだけ、飲みやすいということなのでしょう。

 

◆大分県の国東半島のケール
レモンの青汁に使われているケールは国東半島のものです。特別に契約した農家に依頼してケールの栽培を行っています。
気候もよし、水がきれいで土地が素晴らしいということからこの地域に限定して栽培を依頼しています。

 

◆製法が違う
一般的な青汁との違いはここにあります。ケールに含まれている成分は原料をそのまま加熱して乾燥させるのではなく、野菜本来の栄養素を抽出するために食物繊維の細胞壁の中から破砕して搾り取って栄養素を得ています。どうしてこのような面倒な手法を用いるのか?ということになりますが、それは身体に吸収されやすい青汁を作るためなのです。

 

◆スプレードライ製法
39度の温風で瞬時に乾燥・粉末化しています。これにより、栄養素を破壊することなく摂取することを可能にしています。

 

◆レモン果汁配合
レモン果汁を配合することにより、飲みやすさに配慮しているだけでなく、ビタミンC多く摂取することができます。
ビタミンCの効果は幅広くあり、子供から大人まで必要な成分です。また、子供でも飲みやすいと好評です。